脳の老化を予防するにはレシチンが活躍してくれる
ロゴ

毎日の健康対策において重視されるレシチンの魅力

脳の老化を予防するにはレシチンが活躍してくれる

男女

大豆や卵黄から摂取が可能

健康にいいと話題の栄養素、レシチンですが、主に大豆や卵黄から摂取することができます。なお、それぞれ得られる効果は違うため、抱えている健康の悩みに合わせて選んでおきたいところです。例えば、大豆から摂取できるレシチンは生活習慣病の改善に役立ち、卵黄から摂取できるレシチンにはアルツハイマーの改善に効果的といわれています。食べ物からはもちろん、サプリに加工されている場合もあるので、摂取するときは事前にレシチンのタイプを知っておくことも必要です。

サプリメント

副作用が少ないので安心

サプリから栄養素を摂取するにあたって、体質に合わないことにより、副作用による影響が現れないか心配と感じる人もいるでしょう。なお、レシチンですが、大豆や卵黄といった食べ物に含まれている成分です。そのようなことから、健康被害といった心配はあまりありません。しかし、大豆アレルギーや卵アレルギーを抱えているのであれば例外です。呼吸困難や発疹といった症状が現れる可能性があるので、これらのアレルギーの可能性があれば摂取は控え、必要に応じて医師に相談しておいたほうが良いでしょう。

女性

一緒に摂取しておくと効果アップ

生活習慣病やアルツハイマーの症状改善に役立ってくれると話題のレシチンですが、一緒に摂取すると効果が上がる成分もあります。特にアミノ酸やパントテン酸、DHA、ミネラルが挙げられ、神経伝達物質の分泌を促進させたり、細胞を強化させたりすることができます。レシチンだけでは効率よく健康改善していくことは難しいです。サプリや食品の組み合わせを工夫していくことで、体内への吸収がスムーズになるため、これからの健康対策において大切な要素になってきます。

レシチンがもたらす効果は色々

栄養剤

細胞膜を強化

食べ物から栄養を取り込むには細胞膜の強化が不可欠です。その対策に役立ってくれるのがレシチンです。老廃物排出にも働きかけてくれるので、体内の循環が良くなり、快適な調子を保つことができます。

アセチルコリンを分泌

レシチンはアセチルコリンの分泌を促進させる効果も持っています。アセチルコリンには副交感神経を安定させる役割を果たしてくれます。パニック障害など気分の不安定を改善する効果であるため、メンタルケアに欠かせない成分として注目されています。

血糖コントロールがしやすくなる

レシチンには血糖コントロールにも役立ってくれます。肝臓に負担が掛かっている状態のときに特に必要であり、更に生活習慣病を改善したいときに摂取するといいといわれています。そのため、毎日の生活において重要な成分といえます。

広告募集中